みんなでやりたいこと
やろう

みんなで「やりたい」を応援し合う
「やりたいことカタログ」

毎日を楽しく過ごすためには
やっぱりどうしたって自分の「やりたいこと」は大切なもの。

でもどうしても一人だと「やらなくてもいいか・・・」となってしまうもの。

やりたいことカタログはユーザーのみんなの「やりたい」という気持ちを
後押しできるように
みんなの「やりたい」を応援し合える、そんな場所を目指します。

やりたいことカタログに参加する人同士がお互いの「やりたい」を応援し合う。

自由に「やりたい」をどんどん書き出していこう。
「男子バスケ、ワールドカップ日本戦を全部観たい」

やりたいことカタログの特徴

やりたいことカタログは「みんなでやりたいことやろう」を進めるためみんなで「やりたい」を応援し合う機能・機会を広げていきます。

<やりカタがユーザーみんなの
やりたいことの管理を応援>

やりたいこと簡単ストック
やりたいこと簡単コピー
やりたいこと簡単管理

<みんなでお互いの
やりたいことを応援>

やりたいこと応援昨日
グループ機能(準備中)
公式キャラクターも応援

<大きな力も用いてみんなの
やりたいことを応援>

やりたい実現を神社で祈祷
企業協賛の応援(準備中)

エピソード

「子供のやりたいことを 知ることができた!」

私が取り組んでいるのを見て、息子も興味を持ちました。アカウントを作り、一緒にやりました。子供の思いを知ることができ、興味深いものでした。家族のやりたいことを知ることも楽しく暮らすには大きな要素だと感じました。
40代・男性

「ヒッチハイクに挑戦することができた!」

ずっと気になってたヒッチハイクに取り組んで成功した。乗せてくれた人とも話がとても盛り上がってすごく楽しい時間を過ごせた。 リストのやりたいことを他の人を誘ってできたので、大学最後の夏休みを友人ととても長い時間過ごせた。
20代・男性

「サックスを始めるきっかけになった!」

長年の憧れの「サックスを吹けるようになりたい」と書いたところ、1週間後位に家の近所でレッスンを習えることを発見した!
40代・女性

「転職のきっかけになった!」

やりたいことを書くことが、本当に自分にとって何が大事か、どう進むのがいいか考える機会になったと思う。 そのおかげで、やりたいことを考える癖ができて、今は新しい職場に移りやりたい仕事に取り組むようになりました!
40代・女性

「新庄剛志に会えた!」

ワークショップ中に会いたい人って誰かいるかを考えていて、ポンと新庄剛志さんが頭に浮かんだ。BIGBOSS。今年は彼のおかげでプロ野球に元気を与えている気がする。 すかさず、やりたいことカタログに「新庄剛志に会いたい」と書き込んだ。 ……偶然とは奇妙なもので、同日の夕方のできごと。 当社でやっているサービスにCM撮影の協力依頼の連絡が入り、折り返し連絡をして詳しい話を聞くと、それが新庄剛志さんの案件だった……! 約1ヶ月後、その案件で新庄剛志さんに会うことができました。
40代・男性

「ようやくサウナに行けた!」

巷で流行っているサウナ。 「ととのう」とはどんなものなのか気にはなっていたものの なかなかタイミングを作れずにいました。 夏に嫁と子供が帰省したタイミングがあり、 ようやく行ける!と思い、サウナに行くことができました。 ほー、なるほど、こういう感覚なのか。 やりたいことカタログにちゃんと書き留めていなければ行けなかったと思うので ありがたかったです。
40代・男性

「ついに長岡花火を見れた!」

夏の旅行をどこにしようと嫁と会話しているときに 自分のやりカタで「行きたい」で検索。 自分の行きたいところをつぶさに眺めるなかで 長岡花火を見付け、嫁に提案。 日程も平日開催だったため、これは行けるとなり現実のものとなりました。 やっぱり行きたいところと聞かれてすぐには出てこないので やりたいことカタログにストックしておくのが本当に便利です! 花火は最高でした!
40代・男性

「やっとドラムを習い始められた!」

40歳を過ぎてからの音楽スクール。 なかなか優先順位が上げられずにモジモジしていました。 やりたいことカタログに書き込んだことによって 毎月マイカタログを眺めるたびに目に飛び込んでくるので いよいよ「これはやっぱり始めないと死ぬときに後悔しそうだな」と感じてきて えい!と家の近所のドラム教室に体験に行き、 そのまま通うことにしました。 今後、どのくらいのレベルまでできるようになるか分かりませんが やりたいことカタログに書いてなかったら始めるかも怪しかったので ここは本当に感謝です!
40代・男性

「映画を観る習慣ができた!」

毎週1本ペースくらいで映画を観たいなと思っていたもののなかなか忙しさにかまけて実現できずにいました。 そんなことを思っていた中、なんとはなくやりたいことカタログに観たい映画をUPし始めてみました。 自分で書いているからかもしれませんが、 不思議と意識が映画を観たいなーと向かうようになって、 その結果、最近はマイカタログを「観たい」で検索して、 どの映画を観ようか眺めるようになりました。 やっぱり観たい映画もストックしておくことが大事だなーと思います!
40代・男性

「noteのフォロワー10,000人を超えた!」

昨年、noteを始めて、これは読んでくれる人の数を増やすのはキーになるなと思い、 自分に目標を課す意味も兼ねて、やりカタに「noteのフォロワーを10,000人にしたい」と書いた。 約1年半かけて、フォロワーは1万人オーバーに! なんとなく思い描いた目標も忘れがちになってしまうので、やりカタに書いておいて本当に良かったと思う!
40代・男性

”実現した”最新の
やりたいことカタログ
- 現在、1932 件のやりたいことが実現しました -

「iPhone15に機種変したい」

済
2023年09月25日 実現

「エルマーの冒険展に行きたい」

済
2023年09月23日 実現

「「人を伸ばす力」を読破したい」

済
2023年09月22日 実現

「iPhone15に移行したい」

済
2023年09月22日 実現

「「サーチ2」を観たい」

済
2023年09月18日 実現

「映画「エクストリーム・ジョブ」が観たい」

済
2023年09月18日 実現

最新のやりたいことカタログ

「ゴアテックスのジャケットを新調したい」

「いろんなプロジェクトを手掛けたい」

「家族でドイツで1ヶ月生活したい」

「心が平和で穏やかに暮らしたい」

「家族と健康に楽しく毎日暮らしたい」

「スポーツの国際試合で医療分野で貢献したい」


PAGE TOP